「プレマハウス」開所のキッカケ


居宅介護サービスを行っているなか、利用者様が一歩でも外に出るきっかけを作れないだろうかと考えるようになりました。

それとは別に以前より農業に興味がありました。

平成29年4月に仁木町にある木村秋則自然栽培農学校を知り、同時に自然栽培パーティーを知り、この二つが結びつきました。

 

障がいのある方が土に触れることでどんどん元気になっていくこと、そして安心安全な農業であり、食べる方にも、地球にも優しい農業である自然栽培を障がいのある方と共に、世の中に広めていきたいと思っております。

自然栽培とは?


札幌市清田区にある就労継続支援B型事業所のプレマハウスでは自然栽培を障がいのある方と共に、世の中に広めていきたいと思っております。

肥料、農薬、除草剤を使わず、お日様や雨や風・・・

土や微生物や草たち・・

 

 

そして

作物自身のチカラ

そういう自然の営みの中で作物の育てる栽培です。

 


札幌市清田区にある就労継続支援B型事業所のプレマハウスで楽しく働きませんか?

働くことの楽しさや、やりがい、そして何よりも自分の育てた野菜が我が子のように愛おしく感じ、毎日日光に浴びたり、自分達で育てた野菜が人の手に渡り、そして「美味しかった!」というお声を直接聞ける販売への業種など、多岐に渡りながら働くことができます。

 

畑作業は天候で左右されますが、雨天や雪の時期では、豆や種の選別、春に向けて準備をする為の「育苗」などを行っています。

お知らせ


2019.10.01 ホームページをオープンしました


お問い合わせ

お問い合わせはいつでも受け付けております。
お気軽にご連絡くださいませ。